自衛隊員の休日のごし方|自衛隊婚活パーティー

HOME > 自衛隊婚活お役立ちコンテンツ > 自衛隊員の休日の過ごし方

自衛隊員の休日の過ごし方

自衛隊員の休日の過ごし方

自衛隊員(自衛官)の仕事は常にハードで、休日が無いようなイメージもあります。しかし、自衛隊員は国家公務員ですし、激務をこなす身体にとって休日は必要…。では、実際の自衛隊員の休日はどうなのでしょうか?
ここでは自衛隊員の休日についてご紹介します。

自衛隊員の休日

自衛隊員の休日の過ごし方

自衛隊員は常にハードに働いているような印象もありますが、原則として週2日の休日があります。さらに、祝日、年末年始及び夏季特別休暇、年次休暇が認められています。但し、災害派遣や訓練によっては休日でも勤務しなければいけない場合もあります。

但し、休日に出勤した際は代休として別に休日を取得することが出来るので、自衛官は休日をしっかりと取れる職業だといっても良いでしょう。(シフト制での勤務の場合は、この限りではありません)

また、本人の結婚式や出産・子育ての場合には特別休暇というものもあります。

休日の外出や外泊は可能?

朝から夜の点呼までの間であれば、休日の外出が可能です。さらに、土日や翌日が祝日・代休の場合には、外泊を伴う外出も出来ます。休日を利用して、遠くまで出かけるという自衛官もいます。

しかし、自衛官は不測の事態が起こったときにいつでもすぐに対応出来るようにしておかなくてはならないため、遠出をする際には上官からの事前の許可が必要となります。上官の許可なくして遠くまで出かけることは出来ません。

また、駐屯地の外に出るときは必ず外出証を携行することになっています。出入りの際に、駐屯地の入り口にある営門の警衛に外出証を呈示します。駐屯地の外では、外出証を肌身離さず持つのが自衛隊員の決まりです。

新入隊員の休日の外出や外泊は

自衛隊に入隊して間もない頃、新隊員教育隊に所属している期間は、基本的に1人での外出は許されていません。外出の際は、最低でも2人1組での行動となります。組になった自衛官と一緒に駐屯地から出て、一緒に帰ってくるのが原則です。

隊舎に戻らなければいけない時間も他の自衛官よりも早いので、休日でも遠くまで行かずに近くで遊んで帰って来るというパターンが多いようです。また、基本的に外泊は許可されていません。

自衛隊員の勤務時間

自衛隊員の休日の過ごし方

自衛隊員の休日も気になりますが、普段の勤務時間も気になりますよね。

自衛隊員の1日の勤務時間は、基本的に7時間45分と決まっています。1日のスケジュールは、6時に起床、6時15分に点呼、8時15分に課業開始、12時に課業終了、12時〜13時が休憩時間、13時に課業開始、17時に課業終了という流れです。

原則として、勤務時間以外は自由な時間ということになっています。趣味や休息など、過ごし方は自衛官によってそれぞれです。夜の点呼までに戻ってくるのであれば、外出も可能です。

自衛隊員の大型連休は?

自衛隊員の休日の過ごし方

自衛隊員にもゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始の休暇があります。しかし、一般の会社の休暇とは少し異なります。

まず、ゴールデンウィークは、カレンダー通りの休日となります。民間企業では、有休と合わせてカレンダー上の休みよりも長い休暇にする人も多いですが、自衛官は出来ません。

そして、お盆と年末年始の休暇ですが、自衛官全員を同じ日に休ませることは出来ないので、前半と後半に分けて休むことになります。前半に休みを取った隊員が戻ってきたところで、後半に休みとなる隊員が休暇に入ります。

隊員の半数がいない状態では、訓練も満足に行きませんから、大型連休中はほぼ訓練がありません。ですから、自衛官にとっては、大型連休中は実質かなりの日数が休日のようなものです。普段の厳しい訓練から離れて、休める期間とも言えます。

休日でも残留の場合は

自衛隊員の休日の過ごし方

自衛隊には、「残留」というものがあります。残留は、駐屯地内に居住している自営官を対象にした制度で、緊急事態が起きたときのために先遣隊要員として一定数の自衛隊員を駐屯地に残しておくことです。残留は、駐屯地の自衛官が交代で請け負います。

残留の時は、休日でも駐屯地内にいなければいけないため、外出は出来ません。隊舎の部屋で過ごし、駐屯地の中をランニングするなど、各自好きなように過ごします。自分の時間を思い思いに過ごして良いのですが、緊急事態にいつでも出動出来るように準備はしておかなければなりません。精神面でも、不測の事態に対応できるように気構えをしています。

婚活と休日の過ごし方

休日の過ごし方は、婚活において大事なポイントです。休日の過ごし方が有意義な相手ほど、魅力的に思えてくるということはあるでしょう。休日は特になにもやらず一日だらだら過ごすという相手には、将来的なビジョンも見えてこないのでは?

また、休日の過ごし方が似ていると初対面の相手でも親近感がわくのではないでしょうか。婚活の場で、会話も盛り上がることが期待出来ます。婚活するにあたって、自分の休日の過ごし方も見直してみるというのも良いかもしれません。

スタッフブログ
2018.10.12
結婚するなら断然頼もしい男性!
2018.10.05
カップル率40パーセントにあなたがなる方法
2018.09.28
魅力あるご職業★
どうしたら自衛隊員と出会えるの? 自衛隊員の婚活事情

Topへ