自衛隊の幹部のタイプ|自衛隊婚活パーティー

HOME > 自衛隊婚活お役立ちコンテンツ > 自衛隊の幹部のタイプ

自衛隊の幹部のタイプ

自衛隊の幹部のタイプ

自衛隊には階級があり、その中でも上の階級に就いている自衛官を幹部自衛官と呼びます。
幹部自衛官は一般の自衛官よりも階級が上ということで、婚活でも人気が高い傾向ですが、そもそも幹部自衛官とは何か、どんな人がなれるのかなど、分からないことも多いですよね。
ここでは、幹部自衛官についての情報をいくつか挙げていきます。自衛隊員との婚活の参考になれば幸いです。

自衛隊の幹部とは?

自衛隊の幹部のタイプ

陸上・海上・航空各自衛官には、2士から将まで16階級に分かれた階級があります。この階級のうち、3尉以上の8階級を幹部自衛官と言います。

幹部自衛官は、強い責任感と卓越したリーダーシップが必要です。緊急時にも落ち着いて物事を判断出来る精神力がある人はもちろん、近年では、自衛隊内外の変化にも対応出来る柔軟性に優れた人が求められています。

幹部自衛官のタイプとは?

幹部自衛官には、2つのタイプがあります。1つは防衛大学や幹部候補生として入隊して幹部になったタイプ、2つは自衛隊に入隊してから昇級を重ねて幹部になったタイプです。
同じ幹部でも、幹部候補として入隊した自衛官と地道に下積みを重ねてきた自衛官とでは、幹部になる経緯が全く違います。ゆえに、現場の一般隊員との関わり方にも違いが出てきます。

防衛大学・幹部候補生出身タイプ

入隊の時点で幹部になることが決定していて、幹部自衛官になるために教育や訓練を受けてきたタイプの幹部は、頭が切れる人が多い傾向です。幹部候補生は、入隊時に曹長の階級が指定されますが、幹部候補生ではない曹長よりも上位という位置付けになります。幹部候補生としての教育課程終了後は、3尉に昇任します。

部隊に配属された後は、幹部として中隊長クラス以上の役職に就きます。そのため、明晰な頭脳のほかに部隊全体を把握して統治する能力も必要です。しかし、直接現場で一般の自衛官と訓練をすることがないので、現場の指示が得られず、苦労する幹部もいるとのことです。

入隊してから昇級を重ねてきたタイプ

自衛隊入隊後に昇級を重ねて幹部になった、いわゆる「叩き上げ」タイプ。下の階級の時からの現場を知っているほか、一般の自衛官との関わりも深く、現場の隊員からの信頼が厚いのが特徴です。

入隊してから幹部になるタイプには、幹部自衛官になるための勉強と厳しい訓練の両方をこなす文武両道といったタイプが多い傾向。現場で柔軟に対応出来る能力に長けているほか、一般隊員たちとのコミュニケーションも豊富という、人間的な魅力のある人だと言えます。

幹部自衛官は転勤が多い?

自衛隊の幹部のタイプ

幹部自衛官は、自衛隊の部隊の中での「頭脳」の役割があります。緊急時に、作戦を練ったり隊員に的確な指示出したりする大事な役割です。

そんな大事な指揮を担う幹部が1箇所にいて同じ任務を担当するだけでは、経験不足や知識不足に陥り、万が一の事態が起こった際に柔軟に対応出来ない可能性が出てきます。そこで、いろいろな現場に赴くことによって、経験や知識を増やし、各種の任務に対応出来るようにするのです。

幹部自衛官に転勤が多いのはそのためです。

自衛官幹部候補生になるには

自衛隊の幹部のタイプ

自衛官幹部候補生になるには、採用試験を受けて合格する必要があります。幹部候補生の採用試験には、「一般幹部候補生」「歯科幹部候補生」「薬剤科幹部候補生」の3つのコースがあります。

「一般幹部候補生」は、通常の幹部候補生コースで、文系・理系の大学から進みます。

「歯科幹部候補生」は、大学の歯学科から進むコース。将来的に自衛隊の衛生分野で活躍する歯学医官となります。

薬剤科幹部候補生」は、将来的に自衛隊の衛生分野で薬剤官として活躍する幹部候補生で、大学の薬学科から進むコースです。

幹部自衛官は定年が遅い?

自衛隊の幹部のタイプ

自衛官は、一般企業のサラリーマンよりも定年が早めだという特徴がありますが、幹部の中でも最も上の階級である幕僚長の定年は、62歳です。その下の将と将補は、60歳が定年です。ちなみに、1佐は56歳、2佐・3佐は55歳、1尉から1曹までは54歳、2曹・3曹は53歳で定年を迎えます。

また、自衛官の中でも、医師や歯科医師および薬剤師など、専門職として任務に携わっている自衛官の定年は、60歳となっています。

スタッフブログ
2018.10.12
結婚するなら断然頼もしい男性!
2018.10.05
カップル率40パーセントにあなたがなる方法
2018.09.28
魅力あるご職業★
どうしたら自衛隊員と出会えるの? 自衛隊員の婚活事情

Topへ