自衛隊あるある 2|自衛隊婚活パーティー

HOME > 自衛隊婚活お役立ちコンテンツ > 自衛隊あるある 2

自衛隊あるある 2

親戚や友人知人の中に自衛隊の方はいらっしゃいますか?「自衛隊員の知らなかった一面や、共通の話題が見つかって婚活パーティーですごく役に立ちました。」という女性の方からの声や「今まで当たり前だと思っていたことが、自衛隊員ならではだったんだ」という、自衛官の方からの声が続々。
ここでは自衛隊婚活での出会いにきっと役立つ、人気沸騰中の「自衛隊あるある」第二弾をご紹介します。

傘を差さない
傘を差さない

意外と知られていませんが、自衛隊では傘をさすことは基本的にご法度です。
そのため、勤務中ではない休日でも、多少の雨なら傘をさしません。よっぽどの大雨が降らない限り傘を差さない隊員が多いので、知らない人はちょっと驚くはず。自衛隊の婚活パーティーの当日が雨だった場合など、ぜひ確認してみましょう。
また、自衛隊には「自衛官服装規則」という公務員でもある自衛官の制服、戦闘服などの細かい着用品について定めた規則ですが、傘のことについては全く触れていません。すなわち、この規則にない服装はすべて「規則違反」という厳しい決まりで、まるで傘などこの世に存在しないような扱いです。
もしも大雨が降ったらどのようにするべきなのかというと、「自衛官は、雨雪、寒冷等の場合には、雨衣又は外套を着用すること」と定められています。つまり、雨が降った場合は傘ではなく、レインコートや防寒コートを着用するようにということです。
そのため、雨の日に自衛官との出会いがあった際にはあまり驚かず、心の準備をしておきましょう。

食べるのが早い

自衛隊員たちの食事はとにかく早いです。 これには理由があり、自衛隊に入隊したばかりの頃の新隊員教育隊の訓練が影響していると言われています。その訓練中3ヶ月間は1日のスケジュールが分刻み。食事をのんびりと食べる程の余裕も無くスケジュールがタイトなので、その頃の癖が染みついてしまって早食いになりがちなのだそう。
さらに、自衛隊では基本的に三食の中で一番ボリュームがあるのは昼食なのですが、残さずしっかり食べることを常にすり込まれているため、自分の食べられる量を考えます。こうして自分の体調に合わせて食事も調節しているため、自衛官たちはいつも健康的。
しかし自衛隊員たちの食事はとにかく早く、集団で食事をしている姿を見ていると、食事を初めて15分後ぐらいには席を立つ人がほとんどなので、少し不安になります。そのため駐屯地には通常何百人もの隊員が昼食を食べに来ますが、満席になることがないというのにも頷けます。
よく、カレーは飲み物などと冗談を言うことがありますが、自衛隊員にとってはカレー以外でも、全部飲み物とも言います。また、早く食べる必要がない休日でもおなじように、早く食べてしまいがちです。もしも婚活パーティーでカップルになって食事に行った場合には、こうしたあるあるも頭に留めておきましょう。

ファッションが全体的に若い

自衛官の私服は全体的に若めのファッションの方が多いです。ジャンルはさまざまですが、比較的B系ファッションが好まれるようで、エクザイル的な感じが目立ちます。
ダボッとしたトレーナーや太めのGパンなど、人によってはかなりだらしなく見えますが、ほとんどの自衛官は鍛え上げられたマッチョなたくましい体型なので、カッコよく見えるようです。30歳以上の自衛隊員でも肉体が若いので、違和感なく受け入れられるでしょう。
また、ミリタリー系ファッションが好きな男性も多く、自衛隊の方が幹事をする飲み会や大勢集まるバーベキュー、自衛隊の婚活パーティーなどがあった場合、迷彩色やモスグリーンばかり…という時もあります。少し照れくさい感じになりますが、自衛官が着るミリタリー系ファッションは、一般人のコスプレ感や危険感は少なく、普段から着なれているせいかビシッと決まってしまいます。

以上、「自衛隊あるある 2」の一部をご紹介しました。 次回の情報もお楽しみに。

スタッフブログ
2018.12.14
たった3秒であなたの印象が決まる!
2018.12.07
全国一斉開催!2018年12月23日(日)
2018.11.30
連絡先交換の方法
どうしたら自衛隊員と出会えるの? 自衛隊員の婚活事情

Topへ