同期隊員から紹介してもらおう|自衛隊婚活パーティー

HOME > どうしたら自衛隊員と出会えるの? > 同期隊員から紹介してもらおう

同期隊員から紹介してもらおう

自衛隊員が女性と出会いたいとき、おそらく一番抵抗感がないのが友達からの紹介ではないでしょうか。
以前ご紹介した、自衛隊基地などで開催される「自衛隊主催ふれあいパーティー」というイベントも婚活パーティーに次ぐチャンスがありますが、友達の紹介すなわち、同じ自衛隊駐屯地で勤務する同僚というのも実は大切な婚活キューピッドになる可能性が高いのです。
もしも女性の友達が多い仲の良い同期がいた場合は、日頃からアピールしておくと良いかもしれません。
ここでは自衛隊の婚活に大切な「同期隊員からの紹介」についてご紹介いたします。

自衛隊は横のネットワークが強い

日本の行政は縦割り社会…などと語られたり、縦のつながりや上下関係が強いとも言われたりしていますが、自衛隊には、新隊員教育、陸曹教育隊、初級部隊通信など、多くの教育を受けるため、そこで一緒に学んだ教育同期が存在し、強い横の繋がりもあります。
そのため、自衛隊員の方はもちろん、自衛隊と付き合いたいという女性も、意外と近くに婚活キューピットがいる可能性が高いでしょう。友人・知人の中で、入隊した人がいないかどうかというのを今一度確かめてみることも大切です。
その中で一人でも自衛隊で働いている方がいれば、必ずその同期隊員がいるので、機会があればそこから合コンに持ち込んでもらったり、紹介してもらったりすると良いでしょう。
男性自衛官の方も同様で、婚活パーティーに参加することも良いですが、この横の繋がりを活用しない手はありません。

幹部自衛官を紹介してもらうのは非常に難しい
幹部自衛官を紹介してもらうのは非常に難しい

また自衛官と出会いたい、結婚したい…という女性の中には幹部の自衛隊員に憧れている女性も少なくないようです。
一般企業と同じく幹部といえば、高収入だったり、退職後も高待遇で次の就職先が決まったりと、結婚相手として有望ですが、いくら横の繋がりが強い自衛隊員でも幹部自衛官となるとどうしても紹介は難しくなります。
その理由の一つは幹部自衛官の転勤の多さです。一般の自衛隊員であれば、5〜7年に一度くらいの転勤ですが、幹部自衛官となると二年に一度くらいの頻度で転勤するようになります。
そのため、同じ土地で長く勤務することがないので、紹介で出会うことは難しいのです。
そのため、幹部の自衛隊員ほど婚活パーティーなどを利用して婚活するほうが合理的ともいえます。

自衛隊員の出会いの最大の壁とは

自衛隊員の婚活パーティーが全国的にも人気のように、自衛隊員は女性から人気があっても出会いの数が圧倒的に足りないのが現状です。
でも、紹介や婚活パーティーでめでたくカップルになる方もたくさんいらっしゃいます。
そしてお付き合いが始まってからも自衛隊員ならではの、婚活の障害が起こることがあり、それは「時間」だといわれています。
幹部になれば駐屯地以外に住むことができるので、ある程度自由が利きますが、陸士の間は残念ながら門限が厳しいところがほとんどです。
そのため、どうしても「今日はたくさん一緒に過ごそう」と思っていても、時間制限でアウトになることが多いでしょう。
そのため、自衛隊員と付き合う女性の方はあらかじめ、そんな曲げられない事情を理解している方が向いているといえます。
自衛隊男性限定の婚活パーティーに参加する女性なら安心ですが、紹介の場合は前もって紹介者からその事情を伝えておくと良いでしょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい

スタッフブログ
2018.12.14
たった3秒であなたの印象が決まる!
2018.12.07
全国一斉開催!2018年12月23日(日)
2018.11.30
連絡先交換の方法
どうしたら自衛隊員と出会えるの? 自衛隊員の婚活事情

Topへ